総合花巻病院 新病院特設サイト

お問合せ

TEL.0198-23-3311(代)

総合花巻病院が
新築移転

生まれ変わります

お知らせ

2017.06.22

移転に伴う特設サイトを公開いたしました。

はじめに

公益財団法人総合花巻病院は1923年(大正12年)11月2日、旧花巻市の有志の方々の発起により、佐藤隆房医師を院長として

花巻共立病院の名称で開設されました。2013年には、創立90周年を迎えています。

 

現在使用している施設は、建築後48年を経過する建物もあるなど、空調設備、給排水管の詰まり・漏水など老朽化が進み、
早急な改善が必要となっています。さらに、近年は新たな医療技術の導入や医療安全、感染対策、アメニティ、災害対策など、
医療機関に求められる社会的機能は多岐にわたっていますが、現施設ではこれらの全てへの対応は困難となっています。

 

「移転新築整備基本構想」は、総合花巻病院が果たすべき地域特に花巻市中心部での役割
及び新たな医療と介護・看護学校・保育所という複合的な施設体系の中で果たす役割について、とりまとめたものです。

 

当法人は平成25年4月1日から、公益法人制度改革により公益財団法人総合花巻病院として新たな一歩を歩み始めました。

「愛は人を癒し、誠は病を治す」との基本理念を今日的に発展させ、花巻市民の方々にとって、
なくてはならない医療・介護・子育て支援機能を兼ね備えた輝く組織として、この事業に一丸となって取り組んで参ります。

 

公益財団法人総合花巻病院
理事長  大島 俊克

新病院の移転事業について

新病院基本構想

将来的な医療ニーズに柔軟に、的確に対応し、安心・安全で親しみやすい施設を目指して

詳細を見る

近未来ビジョン

この新築移転によって、一般病床は88床、回復期リハビリテーション病床は54床、
域包括ケア病棟は46床、全体で188床の病床数を予定しています。

また、訪問看護、訪問リハビリテーション事業の強化を図り、
病気や障がいがあっても、住みなれた場所で暮らしていけるように
多職種と協働して質の高いケアを提供できるような体制を創っていきます。

詳細を見る

完成後の組織体制・設備

診療科について、現在の呼称を改め、内科各科を専門診療科ごとに再編してます。

また、在宅・病棟等幅広い地域需要に応えるため、「総合診療科」を設置し、
地域の医療連携の窓口機能、一次診断機能の強化をはかります。

詳細を見る

新病院について

完成イメージ

移転予定地 〒025-0082 花巻市御田屋町4-57

 

計画地は、花巻市役所・花巻城跡・北上川に囲まれた
花巻市中心市街地の一角にあり、JR花巻駅からは
南東方向1.5kmの位置にあります。

周辺には、神社・商業・各種事業所・クリニック・歯科医院が
混在した町並みを呈しています。

それらの中心である上町通りは、ライフラインが地中埋設
されており、通りの美観が保たれています。

 

詳細を見る

総合花巻病院

〒025-0075 岩手県花巻市花城町4番28号

FAX:0198-24-8163

ご意見・ご質問などありましたら、お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

TEL.0198-23-3311(代)

▲上に戻る